2006年

2006年度 秋の定例研究集会における研究発表(総括)

「和船競漕の社会史的考察‐玉江浦の『おしくらごう』‐」(高津 勝・一橋大学)  高津氏の発表は、山口県玉江浦で行われる和船競漕「おしくらごう」の歴史的、社会的意味を考察したものであった。氏はそれをこの地域の祭礼、産業形態 more


体育史専門分科会・会報 No. 182 / 2006. 7. 18

Ⅰ.秋の定例研究集会について 2006 年度秋の定例研究集会は平成 18 年 8 月 17 日弘前学院大学において、棟方 達也会員(弘前学院大学)のお世話で開催いたします。高津勝会員の研究発表(「 玉江浦の和船競漕「 お more


体育史専門分科会・会報  No. 181 / 2006. 6. 16

Ⅰ.春の定例研究集会報告 2006 年度春の定例研究集会は、 5 月 27 日(土)および 28 日(日)の両日、立命館大学衣笠キャンパス以学館 31 号教室において、有賀郁敏会員のお世話で開催された。参加者は 46 名 more


2006 年度春の定例研究集会

5 月 27 日(土) 28 日(日) 立命館大学衣笠キャンパス以学館 31 号教室 (参加者 46 名) 発表者:論文題目 藪耕太郎(立命館大学大学院): 20 世紀初頭における武道の海外普及に際して異種格闘技試合が果 more


体育史専門分科会・会報  No. 180 / 2006. 5. 9

Ⅰ、編集委員会報告  編集委員会は4月23日に筑波大学にて開催されました。「体育史研究」第23号は、原著論文7篇、研究資料2篇、シンポジウム報告1篇、書評2篇を掲載し、春の研究集会までに刊行できる予定であります。研究集会 more