体育史学会研究助成規程

2017年5月14日制定

(総則)
第1条
本会の会則第3条(4)の規定に基づき、研究助成金の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(助成の目的)
第2条
体育史学会会員による研究の活性化及び研究の質の向上に寄与することを目的とする。

(助成対象)
第3条
体育・スポーツ史に関連する研究を助成対象とする。

(申請資格)
第4条
研究助成を受けようとするものは、体育史学会会員(学生会員を含む、ただし、名誉会員は含まれない。)であること。複数の会員で研究助成を受けようとする場合は、いずれも体育史学会会員でなければならない。その場合は、研究の筆頭研究者が申請を行うこと。

(申請手続)
第5条
助成金の交付を受けようとする会員は、所定の申請書類を体育史学会事務局へ提出しなければならない。

(選考委員会の構成)
第6条
研究助成選考委員会の構成および選考方法については別に定める。

(審査および配分額確定)
第7条
研究助成金配分の決定および配分額については、研究助成選考委員会の審査を経て、理事会で決定し、総会にて報告する。

(活動報告)
第8条
助成を受けた会員は、翌年度の体育史学会または、日本体育学会大会の体育史専門領域において成果の発表を行わなければならない。

第9条
助成を受けた会員は、2年以内に、本会の機関誌「体育史研究」に投稿しなければならない。なお、投稿論文の末尾には、「○○年度、体育史学会から助成を受けた研究である旨」を記載するものとする。

第10条
その他本規程に定められていない事項に関しては、総会において定める。

付則
本規程は、2017年5月14日より施行する。

 

----------------------------------------

体育史学会研究助成施行細則

2017年5月14日制定

第1条
この細則は、体育史学会研究助成規程第6条の規定に基づき、研究助成の選考等について、必要な事項を定めるものである。

第2条
本学会に体育史学会研究助成選考委員会(以下「選考委員会」という)を設ける。

第3条
選考委員会は、理事若干名により構成され、会長が委嘱する。

第4条
選考委員会委員の任期は2年とし、再任は妨げない。

第5条
選考委員会の委員長は、委員の互選により決定する。

第6条
選考委員会は、申請のあった研究について審議し、研究助成対象者の選出を行う。

第7条
研究助成対象者の選出は2件以内とし、助成金額は総額で20万円を上限とする。

第8条
選考委員会は、研究助成候補となった者を理事会に報告する。

第9条
研究助成対象者は、理事会において決定し、総会にて報告する。

付則
本細則は、2017年5月14日より施行する。

----------------------------------------

◆2018年度体育史学会研究助成に応募される方は、以下の書類をご参照ください。

1.2018年度 体育史学会研究助成の募集について(2017年9月15日)

2.体育史学会研究助成応募申請書