2010年度春の定例研究集会

2010年度春の定例研究集会は鈴木明哲会員(東京学芸大学)のお世話により,平成21年5月8日(土),9日(日)の両日,東京学芸大学で開催されました。2日間で約40名の会員が参加されました。発表者・演題は以下のとおりでした。8日(土)の発表終了後,鈴木秀人会員(東京学芸大学)のお世話により,学内の20周年記念館にて懇親会が開催されました。約40名の会員が参加されました。

 

発表者・演題 

竹下 幸佑(筑波大学大学院) 幕末維新期鹿児島藩川邊郷校における英国式教練と体操 

大熊 廣明(筑波大学) 坪井玄道の解剖図―明治30年代の体操教師に要求された解剖学的知識― 

黒須 朱莉(一橋大学大学院)近代オリンピックにおける“エケケイリア”の展開に関する研究―IOC総会議事録を中心に― 

出雲 輝彦(東京成徳大学)カナダにおける2003年「身体活動・スポーツ法」に関する研究 

上谷 浩一(大阪体育大学教養教育センター)大阪体育大学所蔵「第6回極東選手権競技大会関連資料」について 

木下 秀明 陸上競技のコースロープ


体育史研究の原稿送付先が変わりました

寶學淳郎会員の所属先変更により『体育史研究』の送付先が変更になります。

〒920−1192
石川県金沢市角間町金沢大学総合教育1号館
寳學淳郎研究室 宛
電話:076(264)5865

『体育史研究』の原稿送付締め切りは毎年9月末日です。奮ってご投稿下さい。
なお、『体育史研究』への投稿は随時受け付けております。詳細については投稿規程をご覧下さい。


体育史専門分科会・会報 No. 196 / 2010. 4. 8

Ⅰ.平成23・24年度(社)日本体育学会代議員選挙について――体育史専門分科会選出の代議員を選出する選挙――

専門分科会代議員選挙について
社団法人日本体育学会細則第3条(代議員の選出)に則り,今回の会報に選挙用紙一式を正会員に送付しています。準会員・名誉会員には同封しておりません。5月6日(当日消印有効)の投票締切までに投票し,同封の返信用封筒を投函してください。選挙人名簿,被選挙人名簿は,「次期代議員選挙の実施について(依頼)」の文書にございますように,平成22年1月1日付の(社)日本体育学会会員名簿をご覧になり,正会員の各ページの氏名欄右隅に「史」と記入されている会員の中から3名連記無記名にて投票してください。

代議員選挙関係の同封書類等
①「代議員選挙の実施について(依頼)」 文書
②投票用紙
③投票用封筒(うぐいす色)
④返信用封筒(薄い青色)

 

Ⅱ.2010年度春の定例研究集会の開催について

2010年度春の定例研究集会は,鈴木明哲会員のお世話により下記のとおり 5月8日(土)・ 9日(日)の両日,東京学芸大学(東京都小金井市)において開催いたします。研究発表は,次ページのように6演題となりました。発表抄録集(冊子)は, 5月上旬の研究集会前にお手元に届くように準備いたします。なお,発表時間は,1演題あたり発表25分,質疑15分(計 40分)です。当日,資料を配付される発表者は,50部ご用意下さい。

期日:平成21年5月8日(土)・9日(日)
場所:東京学芸大学 南講義棟(S棟) S-101講義室
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
東京学芸大学(小金井キャンパス)までのアクセス
JR武蔵小金井駅・北口より
京王バス〔5番バス停〕【小平団地行】約10分 学芸大正門・下車 徒歩約5分
徒歩の場合は約20分
JR国分寺駅より…徒歩約18分

研究発表・懇親会(8日)・研究発表・総会(9日)
 5月8日(土)14:30~17:30 研究発表,研究発表終了後 17:40~19:40懇親会を開催します。
 5月9日(日) 9:30~10:50 研究発表,11:00~12:00 総会

懇親会は第1日の研究発表終了後,東京学芸大学20周年記念館(立食パーティー形式)で開催いたします。(懇親会担当者 鈴木秀人会員)
会費5,000円   当日徴収します。

懇親会に参加される会員の皆様は,準備の都合上4月28日(水)までに体育史専門分科会事務局の榊原浩晃会員のメールアドレスhiroakis@fukuoka-edu.ac.jpに「件名:春の研究集会 内容:懇親会参加 会員氏名○○○○」というようにお知らせください。

 

2010年体育史専門分科会 春の研究集会プログラム

5月8日(土) 研究発表及び懇親会

時 間

題  目

発 表 者

座 長

14:30~
15:10

幕末維新期鹿児島藩川邊郷校における英国式教練と体操

竹 下 幸 祐
(筑波大学大学院)

新 井  博
(びわこ成蹊
スポーツ大学)

15:10~
15:50

坪井玄道の解剖図-―明治30年代の体操教師に要求された解剖学的知識―

 大 熊 廣 明
( 筑 波 大 学 )

榊 原 浩 晃
(福岡教育大学)

15:50~
16:10

休    憩

16:10~
16:50

近代オリンピックにおける“エケケイリア”の展開に関する研究
―IOC総会議事録を中心に―

黒 須 朱 莉
(一橋大学大学院)

來 田 享 子
(中 京 大 学)

16:50~
17:30

カナダにおける2003年「身体活動・スポーツ法」に関する研究

出 雲 輝 彦
(東京成徳大学)

寶 學 淳 郎
(金 沢 大 学)

17:40~

懇親会(東京学芸大学 20周年記念館)

5月9日(日) 研究発表及び総会

時 間

題  目

発 表 者

座 長

9:30~
10:10

大阪体育大学所蔵「第6回極東選手権競技大会関連資料」について

上 谷 浩 一
(大阪体育大学
教養教育センター)

楠 戸 一 彦
(広 島 大 学)

10:10~
10:50

陸上競技のコースロープ

木 下 秀 明

大 熊 廣 明
(筑 波 大 学)

10:50~
11:00

休 憩

11:00~
12:00

総 会

 

Ⅲ.編集委員会報告

『体育史研究』第 27号の編集作業が終了し,原著論文 2 篇,研究資料 2 篇,シンポジウム報告,特別寄稿1篇,論文紹介1篇,書評1篇で刊行することになりました。5月初旬頃に送付予定です。

 

Ⅳ.2010年度秋の定例研究集会の開催について

2010年度秋の定例研究集会は,平成 22年 9月 7 日(火)(日本体育学会第61回大会の前日)に開催する予定です。要項の詳細は,次号(2010年5月下旬発行予定)をご覧下さい。

 

Ⅴ.日本体育学会第 61回記念大会におけるシンポジウムおよびキーノートレクチャーについて

キーノートレクチャー:「古代世界における女性とスポーツ」
演 者:  高 橋 幸 一  (元  山 形 大 学) 
司 会:  楠 戸 一 彦  ( 広  島  大 学 )
日程:2010年9月8日(水)~10日(金)の学会大会期間のうち,キーノートレクチャーは現在のところ,9月9日(木)13:00~14:00に実施予定です。

シンポジウム: サッカーの伝播・受容を考える」
◆コーディネーター・・・ 寶 學 淳 郎 ( 金 沢 大 学 )
発表者:  成 田 十次郎 ( 筑波大学名誉教授 )
発表者:  福 島 寿 男 ( 国立国会図書館 )
発表者:  山 本 英 作 ( 高知学園短期大学 )

日程:2010年9月8日(水)~10日(金)の学会大会期間のうち,シンポジウムは現在のところ,9月8日(水)13:00~15:00に実施予定です。
なお,一般研究発表の申し込みは平成 21年 5 月10日までとなっておりますので,発表予定の方は,インターネットのHPからお申し込みください。
http://www.jspehss61-chukyo.com/index.htm

Ⅵ.世話人会報告

〔議 事〕
1.2010年春の定例研究集会のプログラム(演題及び座長)について

①演題・座長
 6演題の申込があり,プログラムを決定した。座長を依頼し,その後抄録集を事務局で編集することになった。

②懇親会(東京学芸大学 食堂にて開催,懇親会費5,000円)
現地世話人鈴木明哲会員の提案を了承した。懇親会の参加人数をあらかじめ承知したいので,4月初旬以降速やかに送付する会報で周知し,懇親会参加希望者は事務局にメールで参加申込をしていただくことにした。

2.61回記念大会時(中京大学)のキーノートレクチャー及びシンポジウムに関する演題・演者・司会者の決定について

①体育史専門分科会キーノートレクチャー
「古代世界における女性とスポーツ」
演 者:  高 橋 幸 一  (元 山形大学) 
司 会:  楠 戸 一 彦  ( 広島大学 )
日程:2010年 9月9日(木)の午後の最初の時間を設定し,1時間の講演をお願いすることになった。司会は,楠戸一彦会員に依頼することになった。大会予稿集に発表要旨(Resume)を掲載するため,近日中に発表者に依頼することとした。

②体育史専門分科会シンポジウム
シンポジウムについて,以下のことを世話人会で審議決定した。

1)コーディネーターを寶學淳郎先生(金沢大学)にお願いし, テーマは,サッカーの伝播・受容を考える」とする。発表者として成田十次郎氏(筑波大学名誉教授),福島寿男氏(国立国会図書館,非会員),山本英作氏(高知学園短期大学)に交渉中であること。
2)  実施期日・時間
3名の演者の講演時間を確保し,質疑を交えて総時間2時間を確保する。大会第2日目,9月9日(木)の13:00~15:00を予定する。(一般研究発表の演題数によって若干の変更の可能性あり)
3) 学会員でない演者の謝金について
東京からいらしていただく非会員演者に対し,1名あたり会議費・資料代1万円,往復の交通費実費を支給する。(必要となる宿泊費1泊分・滞在費を含む)
4)体育史専門分科会シンポジウムのレジュメについて
大会予稿集に発表要旨(Resume)を掲載するため,近日中に発表者に依頼することとした。

3.2010年秋の研究集会の開催場所・現地世話人,演題募集及び開催要項について

現地世話人を交渉中である。開催日時については,第61回大会の前日の9月7日(火)名古屋市内(中京大学名古屋キャンパスを予定)で現地世話人に依頼することとした。また,懇親会は,シンポジウム開催日の9月7日(木)18:00頃から研究集会会場か,会場の近くで開催することとした。

 

〔報 告〕

1,会報197号の発行予定

総会報告,秋の研究集会の開催要項を中心に編集し,発行する。

2.春の研究集会の発表抄録集の印刷について

 印刷所の工程が問題となるが,体育史研究27号の送付に同封することを検討している。

3. (社)日本体育学会代議員選挙について

選挙管理規程に則り,会報第196号に選挙用紙一式を正会員に送付することとした。準会員・名誉会員には同封せず,正会員が5月6日(当日消印有効)の投票締切までに投票し,同封の返信用封筒を投函するよう促すこととした。選挙人名簿・被選挙人名簿は,選挙管理規程に則り,平成22年1月1日発行の(社)日本体育学会会員名簿をご覧いただくようにし,正会員の各ページの氏名欄右隅に「史」と記入されている会員から被選挙人の氏名をご記入いただくよう周知することとした。

 

Ⅶ.体育史専門分科会会費を銀行口座からの引き落としで納入されていない会員の皆様へ

体育史専門分科会会費を銀行口座からの引き落としで納入されていない会員の皆様へ平成22年度会費の納入をお願いします。郵便振替で納入下さるか,ゆうちょ銀行からの送金で納入下さい。郵貯銀行の口座をお知らせします。

【郵便振替】  郵便振替口座番号 01050-0-74654
        加入者名 日本体育学会体育史専門分科会

【ゆうちょ銀行】ゆうちょ銀行 店名 四五八(読み ヨンゴハチ)
        店番 458 貯金種目 普通預金
        口座番号  0778312
        ニホンタイイクガッカイタイイクシセンモンブンカカイ

(社)日本体育学会の銀行口座引き落としにて体育史専門分科会会費を納入されている会員は,上記の方法での納入は必要ありません。

 

日本体育学会体育史専門分科会事務局
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1
福岡教育大学 保健体育講座 榊原浩晃研究室内 Fax: 0940-35-1709 
E-mail: hiroakis@fukuoka-edu.ac.jp


体育史専門分科会・会報 No. 195 / 2009. 12. 22

Ⅰ.2010年度春の定例研究集会の開催について

 2010年度春の定例研究集会は,下記のとおり 5月8日(土)および 9日(日)の両日,東京学芸大学において開催することになりました。発表を希望される会員は, 3月5日(金)までに発表要旨(抄録)をMS-WORD書式で作成し,その貼付ファイルを体育史専門分科会事務局の榊原浩晃会員のメールアドレス(hiroakis@fukuoka-edu.ac.jp) にお送りください。
 なお,発表要旨(抄録)は A4 サイズ, 40 字× 40 行× 2 頁以内で作成してください。(プログラムや会場までのアクセスなどの詳細については,次号の会報でお知らせいたします。)

 春の定例研究集会は鈴木明哲会員(東京学芸大学)のお世話により,下記の要領で開催されます。
期日:平成22年5月8日(土)及び9日(日)
場所:東京学芸大学
東京学芸大学 所在地 (〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1JR武蔵小金井駅・北口より京王バス〔5番バス停〕【小平団地行】約10分 学芸大正門・下車 徒歩約5分徒歩の場合は約20分 )
研究発表・懇親会(8日)・研究発表・総会(9日)の予定
8日(土)13:00~17:30 研究発表,研究発表終了後 懇親会を開催します。
9日(日) 9:00~11:30 研究発表,11:30~12:30 総会
研究発表は,発表時間25分質疑15分,計40分程度を予定しますが,演題数により,
多少の増減があることをお含み置き下さい。
春の研究集会プログラムや懇親会の詳細は次号にてお知らせいたします。
冊子体の発表抄録集も作成し,全会員に発送する予定です。

Ⅰ.2009年度秋の定例研究集会及び懇親会のご報告

秋の定例研究集会は崎田嘉寛会員(広島国際大学)のお世話により,8月25日(火)に広島国際大学 広島キャンパスにて開催されました。

研究発表(1)
発表者 土屋晴夫(日本スキー学会)
発表テーマ:第3回冬季オリンピック大会に出場した我が国スキー選手を世話したジャック ラビットに就いて
座 長 新井 博(びわこ成蹊スポーツ大学)

研究発表(2)
発表者 梶 孝之(尚美学園大学非常勤講師)
発表テーマ:ハワイ日系移民のスポーツ活動に関する研究―塚本宗七に着目して―
座 長 榊原浩晃(福岡教育大学)

懇親会
懇親会は,崎田嘉寛会員(広島国際大学)のお世話により,平成21年8月27日(木) 日本体育学会第60回記念大会の第2日目にホテルグランヴィア広島で開催されました。

Ⅱ. 日本体育学会第60回記念大会におけるシンポジウムおよびキーノートレクチャーの報告

日本体育学会第60回記念大会において,以下のシンポジウムとキーノートレクチャーが実施されました。

日本体育学会第60回記念大会
期日:2009年8月26日(水)~28日(金)
場所:広島大学

体育史専門分科会キーノートレクチャー
開催日時:8月26日(水)11:00-12:00                  
テーマ:民衆スポーツ史の可能性 ―伝統と近代を問う― 
講演者:高津 勝
司会者:有賀郁敏(立命館大学)

体育史専門分科会シンポジウム(スポーツ史学会協賛)
開催日時:8月27日(木)10:00-12:30 
テーマ:体育・スポーツ史研究の20年を振り返る~方法論と個別研究Since 1989
コーディネーター: 池田恵子(山口大学)
はじめに 体育・スポーツ史研究の20年を振り返る~方法論と個別研究Since 1989~
招待講演者: リチャード・ホルト(英国ドゥ・モンフォート大学ICSHC研究所教授)
発表演題: アマチュアリズムと英国―スポーツイデオロギーであるアマチュアリズムの本質と権力―
招待講演者: ジェフリー・ヒル(英国ドゥ・モンフォート大学ICSHC研究所名誉教授)
代読 ニール・カーター (英国ドゥ・モンフォート大学上級研究フェロー)
発表演題: 歴史とテクスト―言語決定主義の問題とは?―

Ⅲ. 編集委員会報告

『体育史研究』第 27号は,原著3編,資料3編(特別寄稿を含む)の投稿があり,編集委員会による審査手続きに入っています。これに書評(2編程度が寄稿予定)及び日本体育学会第 60 回大会記念大会時のシンポジウム報告を加えて発行する予定です。
 なお,『体育史研究』への投稿は随時受け付けております。詳細については『体育史研究』第 20 号以降に掲載されている投稿規程をご覧ください。
『体育史研究』への投稿は年間を通じて受け付けています。投稿先は編集委員の寶學淳郎先生の所属勤務先です。『体育史研究』に投稿される会員の皆様は,投稿原稿送付先にお送り下さい。

『体育史研究』投稿原稿送付先
920-1192 金沢市角間町金沢大学総合教育1号館   076(264)5865
 金沢大学 寶學淳郎研究室気付 (『体育史研究』編集委員会)
電話 076(264)5865

Ⅳ.世話人会報告

1.2010年度春の研究集会の開催場所について
 2009年度春の研究集会の開催場所については,東京学芸大学で開催可能かどうかを事務局から問い合わせることとしました。現地世話人として鈴木明哲会員にお願いすることにしました。期日は会場借用の期日にもよりますが,例年の5月中の土日を開催期日とすることにしました。

2.2010年の(社)日本体育学会第61回大会(中京大学)における体育史専門分科会シンポジウム等の企画について

(1) 2010年度の学会大会時におけるシンポジウム
2010年度の学会大会時の専門分科会シンポジウムは世話人会で検討中です。次回会報でお知らせします。

(2)
キーノートレクチャー
キーノートレクチャーは高橋幸一会員(山形大学)にお願いすることとなりました。

3.(社)日本体育学会次期代議員選挙(体育史専門分科会選出次期代議員)について
 学会本部から連絡があり,体育史専門分科会次期代議員選挙事務を開始しました。選挙管理委員として事務局の榊原浩晃氏が担当することになりました。今回の選挙の被選挙人氏名は,まもなく送付される最新の(社)日本体育学会名簿より,右側の分科会所属欄に体育史専門分科会会員の「史」の文字が入っている方になります。

報告・連絡

1.渉外担当(国際学会関係)のアナウンスメントについて
池田恵子先生(山口大学)よりISHPES Congress 2010 (ナターニャ)ウィンゲイト大会およびISHPES Congress 2011 テレマーク大会のお知らせ

  • ISHPES Seminar 2010 (ナターニャ) ウィンゲイト大会のお知らせ
      と き:2010年6月3-6日
      場 所:イスラエル国内ナターニャ市ウィンゲート(ウィンゲート・インスティチュート,ジンマン・カレッジ)
    テーマ :スポーツとその状況:論争をめぐって 
    アブストラクトの締切 2010年2月1日まで(1月末日締切)
    備  考: 2010年ウィンゲート・スポーツ会議と合同開催
    詳  細: congress.wincol.ac.il
    参加登録・参加費:2010年4月1日まで400アメリカドル,それ以降は480アメリカドル
  • ISHPES Congress 2011 テレマーク大学(ノルウェー) のお知らせ
    と き:2011年2月23-26日(2012年ではありませんのでご注意下さい。)

2.次回会報の発行について
  次回会報は春の研究集会のプログラムを中心に編集し,4月上旬に発行いたしますが,
  プログラムは体育史専門分科会ホームページを通じて迅速にお知らせいたします。
    http://www.taiikushi.org

Ⅴ.会費を銀行口座からの自動引き落としによって納入されていない会員(準会員)の方へ

平成21年度会費を未納の方は,郵便振替または,ゆうちょ銀行への振り込みをご利用下さい。
郵便振替口座番号 01050-0-74654 加入者名:日本体育学会体育史専門分科会
または
ゆうちょ銀行 店番109(イチゼロキュウ店)
預金種目 当座 口座番号 0074654 受取人名 ニホンタイイクガッカイタイイクシセンモンブンカカイ


2009年度秋の定例研究集会

期 日:2009年8月25日(火)14:00~
会 場:広島国際大学 広島キャンパス 国際教育センター
所在地:〒730-0016 広島市中区幟町1-5
アクセス:JR広島駅から徒歩約10分広島市内 
現地世話人:崎田嘉寛会員 

秋の定例研究集会プログラム
2009年8月25日(火) 1演題あたり発表60分,質疑30分 
13:30 受付
14:00 ~ 15:30 研究発表(1)土屋晴夫(日本スキー学会) 
発表テーマ:第3回冬季オリンピック大会に出場した我が国スキー選手を世話したジャック ラビットに就いて
座 長 新井 博(びわこ成蹊スポーツ大学) 
15:40 ~ 17:10 研究発表(2)梶 孝之(尚美学園大学非常勤講師) 
発表テーマ:ハワイ日系移民のスポーツ活動に関する研究―塚本宗七に着目して―
座 長 榊原 浩晃(福岡教育大学)