体育史学会では日本および諸外国の体育・スポーツについて歴史的・人類学的に研究をおこなっています

体育史学会と役員

  • HOME »
  • 体育史学会と役員

体育史学会について

◆本会は体育・スポーツ史に関する研究の発展を図り、会員相互の連絡を計ることを目的とする学術団体です。
◆体育史学会は、日本学術会議の協力学術研究団体に指定されています。

和文名
体育史学会

欧文名
JAPAN SOCIETY OF THE HISTORY OF PHYSICAL EDUCATION AND SPORT

ウェブサイト
https://taiikushi.org/

学術研究領域
心理学・教育学、史学、健康・生活科学

設立趣旨
多様化の容認と相互理解の促進をめざす現代社会において、体育・スポーツはこれ自体が変化するとともに、社会の変化にも避けがたい影響を与えている。このような状況の中、体育・スポーツと社会の将来を展望するために必要となる歴史的知見の蓄積が、社会的に要請されている。体育史学会はこの要請に応えるべく、体育史研究者による研究上の緊密な連携によって体育・スポーツ史に関する研究の発展を図ることを目的に設立された。

沿革
1961年 日本体育学会体育史専門分科会(前身)設立
2011年 体育史学会 設立(設立年月日:2011年9月25日)
2015年 日本学術会議 協力学術団体に登録
2016年 日本スポーツ体育健康科学学術連合 加盟学術団体に登録

役員
会長 1人、理事 6人、監事 2人(男性 6人、女性 3人)

会員数
会員数 230人、正会員 208人(うち学生会員4人)、講読会員 5人、名誉会員 17人

刊行物
『体育史研究』
欧文名:Japan Journal of the History of Physical Education and Sport
創刊年:1984年 最新号:36号(2019年3月発行)
発行部数:250(部/回)
URL:https://taiikushi.org/db/

他の学術団体との関係
日本体育学会 専門領域体育史
日本学術会議 協力学術研究団体
日本スポーツ体育健康科学学術連合 加盟学術団体

※.「学会名鑑(日本学術会議・公益財団法人 日本学術協力財団・国立研究開発法人 科学技術振興機構が連携して作成しているデータベース)」に掲載の情報をもとに作成しました(2019年4月6日現在)。

==================================================

2019-2020年度役員

<会長>
大久保 英哲

<理事>
新井 博 (企画)
大熊 燦雨(企画 → 2019.10.1から事務局長)
坂上 康博(副会長、編集委員長)
田原 淳子(会計)
來田 享子(編集事務局 → 2019.10.1から企画)
和田 浩一(事務局長 → 2019.10.1から編集事務局)

<監事>
大熊廣明
掛水 通子

体育史学会 事務局
 〒305-8574
  茨城県つくば市天王台1-1-1
  筑波大学体育系 大熊燦雨研究室内
  taiikushi_office◆taiikushi.org   ◆を「@」に変えてください。

PAGETOP
Copyright © 体育史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.