体育史学会第10回大会は、下記のとおり開催することになりました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大等を鑑み、体育史学会第10回大会は、2021年6月19日(土)の1日のみ開催します。準備の都合上、5月初旬には対面・オンラインどちらの形式で開催するのかを判断する予定です。開催方法が決まりましたら、改めて皆さまにご連絡差し上げます。皆さまの発表申込みとご参加をお待ちしております。

開催要項PDFをダウンロードする(クリック)

【日程】2021年6月19日(土)

【会場】中京大学(対面・オンラインいずれか)
*対面の場合は、中京大学名古屋キャンパスを予定

【世話人】來田 享子 会員・木村 華織 会員

【参加費】(対面)会員1000円、非会員2000円(学生は無料)
       (オンライン)会員・非会員・学生を問わず無料

【プログラム】(予定)

<一般発表>
 発表20分、質疑10分(計30分)
※発表時間などは、演題数によって変更することがあります。

<研究方法セミナー>
 「『近世日本養生論における身体観の研究』を通して」
   片渕美穂子会員(和歌山大学)

<情報交換会>
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止及び予防の観点から、開催しません。

【発表申込み】
 発表を希望される方は、以下の要領で抄録を作成し、メールに添付して体育史学会事務局までお送り下さい。

  • 締切:2021年5月15日(土)
  • 申込先:体育史学会事務局(taiikushi_office@taiikushi.org)
    (スパムメール対策のため全角表示しています)
  • 抄録作成要領:MS‐Word作成、A4サイズ、40字×40字×2ページ以内

【参加申込み】
 オンライン形式での開催になった場合、参加申込をお願いする可能性がございます。その際は、開催方法が決まり次第、改めてご連絡差し上げます。

【その他】
 大会プログラムは学会ホームページや会員メーリングリストを通じてお知らせします。
た、例年どおり、冊子体の発表抄録集を作成し、会員の皆さまに発送する予定です。

開催要項PDFをダウンロードする(クリック)