体育史専門分科会・会報  No. 179 / 2006. 2. 28

Ⅰ. 世話人会報告

2月5日(於:筑波大学)の世話人会で話し合われた内容を中心にご報告いたします。

1.春の研究集会について
2006年度春の定例研究集会は5月27日(土)28日(日)の両日、京都において有賀郁敏会員(立命館大学)のお世話により開催する予定です。一般研究発表の締め切りについては、例年通り三月末締め切りとなります。一般発表の募集要項は下記のとおりです。なお、今回は宿泊の斡旋はございません。春の定例研究集会の詳細については次回会報にてお知らせいたします。

2006年度春の定例研究集会 一般発表募集要項

発表を希望する会員は,発表原稿(A4版2枚,横40字×縦40行ワープロ書き)を郵送またはEメールにて事務局までお送り下さい。(できる限り電子ファイルにて送付することを推奨します。電子ファイル作成にはMS-Wordを用いてください。その他のソフトを用いる場合は、リッチテキスト形式で保存してください。)

締切は平成18年3月31日(必着)

(1)日  時: 5月27日(土)、28日(日)
(2)場  所: 京都(立命館大学を予定)
(3)発表時間: 発表時間は30分、質疑応答15分程度(演題数により変更あり)
(4)原稿様式: A4版2枚,横40字×縦40行ワープロ書き
(5)送付方法: 郵送またはEメール(Eメール推奨。ファイル作成にはMS-Wordまたはリッチテキスト形式で保存。)
(6)発表申込締切: 平成18年3月31日(必着)
(7)原稿送付先 : 〒305-8574 つくば市天王台1-1-1 筑波大学体育科学系
体育・スポーツ史研究室内 体育史専門分科会事務局
※ 必ず発表者の所属・連絡先(Eメール)等をお知らせ下さい。
※(郵送の場合)「春の定例研究集会発表原稿在中」と朱書きして下さい。
※(Eメールの場合)件名に「春の定例研究集会発表申込」と記入して下さい。
TEL/FAX:029-853-6352 Eメール:taiikushi@history.taiiku.tsukuba.ac.jp
※ 宿泊の斡旋はございません。申し訳ございませんが、会員各自での手配をお願い致します。

2.日本体育学会第57回大会体育史専門分科会シンポジウム、キーノートレクチャーについて
平成18年度日本体育学会(8月18~20日、青森県弘前市)における体育史専門分科会のシンポジウムについては、掛水通子会員(東京女子体育大学)を中心として女性スポーツに関するシンポジウムを企画中です。シンポジウム演者には、川口千代(京都女子大学)、來田享子(中京大学)、井上洋一(奈良女子大学)の3名にお願いすることになりました。また、キーノートレクチャーについては、吉原瑛会員にお引き受けいただきました。

3.2006年度秋の定例研究集会について
2006年度秋の定例研究集会については、8月17日(木)に弘前市において、棟方達也会員(弘前学院大学)のお世話により開催を予定しております。

4.体育史専門分科会ホームページについて
体育史専門分科会のホームページはすでに開設されております。今後の分科会研究集会などに関するお知らせなどを随時更新していく予定です。過去の会報の閲覧や体育史研究掲載論文のタイトル検索などもできます。また、分科会から会員への連絡の便宜を高めるため、メーリングリスト(ML)の作成も予定しております。MLへの登録方法についてもホームページ上で告知する予定です。ホームページに関するご意見・ご要望は分科会事務局までお寄せ下さい。(taiikushi@history.taiiku.tsukuba.ac.jp)
体育史専門分科会ホームページアドレス http://www.taiikushi.org

Ⅱ.編集委員会報告

体育史研究第23号の編集・刊行作業を行っております。論文の審査は既に完了しており、原著論文7本、研究資料2本、書評2本およびシンポジウム報告を掲載予定です。
投稿は随時受け付けております。会員の方の投稿を期待しております。原著論文、研究資料、書評、いずれでも結構です。(書評の字数については、既刊の『体育史研究』に掲載されているものを参考にして下さい)
また、ホームページ開設に伴い「体育史研究」の電子ジャーナル化に着手しております。現在のところ、第21号はPDFファイルにより全文閲覧が可能です。タイトル検索は第1~21号まで可能となっております。

Ⅲ.日本体育学会第56回大会体育史専門分科会キーノートレクチャーおよびシンポジウムについての報告

日本体育学会第56回大会体育史専門分科会キーノートレクチャーは、11月24日(木)11時10分から筑波大学大学会館国際会議室において開催されました。「『鉄棒体操』?を考える」と題し、木村吉次会員(中京大学)の司会で、木下秀明会員が演者を務められました。
また、同大会体育史分科会シンポジウムは、11月24日(木)13時から筑波大学大学会館国際会議室において開催されました。「日本の伝統スポーツと近代」と題し、大熊廣明会員(筑波大学)が司会、杉江正敏(大阪大学)がコメンテーターを務め、小笠原清忠氏(弓馬術礼法小笠原教場 三十一世)が「小笠原流弓馬術礼法」について、村田直樹氏(財団法人 講道館)が「講道館柔道 ―伝統とスポーツと―」について発表した後に、活発なディスカッションがなされました。
また、第56回大会では日程が通常より長いこと、および体育史分科会の発表演題数が多いことを理由に恒例の秋の研究集会は未開催といたしました。
シンポジウムについての報告は、2006年春発行予定の『体育史研究』第23号に掲載予定です。

Ⅳ.日本体育学会次期代議員選挙について

体育史専門分科会選出の次期(平成19-20年度)代議員選挙を平成18年3月15日~4月21日に実施いたします。

Ⅴ.事務局より

2005年度専門分科会費納入のお願い
会費を分科会の郵便振替口座に振り込まれている会員で、2005年度会費(4,000円)を未だ納められていない方は、会費の納入をよろしくお願いいたします。

郵便振替口座
加入者名: 日本体育学会体育史専門分科会
口座番号: 01050-0-7465

Ⅵ. 学会情報

1.日本スポーツ産業学会 スポーツ産業史専門分科会 2005年度第2回研究会
期日:平成18年3月25日‐27日
場所:護王会館会議室(京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町)
電話:075-441-5458 http://www.gooujinja.or.jp/
問い合せ先:スポーツ産業史専門分科会事務局
〒514-8507 三重県津市上浜町1515
三重大学教育学部 中村哲夫
Tel/Fax: 059-231-9290 E-mail:nakamura@edu.mie-u.ac.jp

2.日本スポーツ人類学会第7回大会
期日:平成18年3月29日、30日
場所:筑波大学東京キャンパス(大塚地区)G501会議室(地下鉄丸の内線 茗荷谷駅下車 徒歩3分)
問い合せ先:真田久(筑波大学) Tel/Fax: 029-853-6351 E-mail:sanada@taiiku.tsukuba.ac.jp

3.8th ISHPES SEMINAR
大会テーマ:Sport, Nation, Nationalism
日時:2006年8月24日-27日
場所:Faculty of Sport Ljubljana, Ljubljana, Slovenia,
発表原稿の募集締切:2006.3.1(English)
詳細:大会公式Webサイト:http://www.zavodekvilib.si/3S-conference/
問い合せ先:池田恵子(山口大学)
?Tel/Fax: 083-933-5381 http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/ ̄kikeda/index.htm
E-mail:kikeda@yamaguchi-u.ac.jp